絵本日記

長女の読書記録

ケーキやさんのゆうれい

f:id:yrstrahoshi1:20161216100229j:plain


作 ジャクリーンK.オグバーン

マージョリー・プライスマン

訳 福本 友美子


最後がとても気になり、

どういった展開になるのか楽しみで、

読んだ瞬間、なるほどと、

なんとも言えない優しく、それでいて

ちょっと可哀想な気持ちになりました。


娘はたくさんケーキが出てくるのが、

とにかく楽しいし食べたくなる、

という感想でした。


この絵本に出会えて良かったと

素直に思えた一冊でした。